に投稿 コメントを残す

DMM光を契約した方が良い人と契約しない方が良い人わけてみた

DMM光の契約で「自分は契約した方が良いかどうか全くわからないから判断してくれ~」という人向けの記事です。

 

カンタンにDMM光の契約をしたほうが良い人の基準を書きました。

ザックリとした参考にはなると思うので、あまり光回線に対して詳しくない人は良いと思います。

おすすめな人

まず個人的にDMM光を契約した方が良いと思う人を箇条書きで書いてみます。

 

・ネット動画が命!自宅でいろんな動画を見たい!

・DMMモバイルの格安スマホを使用中

光コラボでとりあえず安心な回線を選びたい!

・2年くらいとりあえず試しに光回線使ってみたい

 

上記のような人はDMM光が向いています。

 

とりあえず契約をしても損した!という気持ちになることは少ないです。

 

ハッキリって他の光回線より平均的に仕組みを考えるとかなりお得な光回線だということが私も最近になって段々と分かってきました。

 

 

その理由は単純に「月額料金が安い」し「速度もある程度速く」、更に「キャッシュバックの受け取りミスや手続きを気にしなくて良い」し、「解約に神経を使わなくて済む」からです。とてもネット初心者向けの光回線です。カンタンに言うと失敗しない光回線です。

 

特に動画はDMM.com系を利用する人は同じサーバーなので、絶対に他の光回線よりもスムーズに見ることができるし、速度も比較的速いので問題ありません。

おすすめではない人

次に光回線の全体を考えてお勧めしない人を箇条書きで書いてみました。

・オンラインゲームをストレスなくやりたい人

・高度な処理能力を要求する人

・トレーダーを目指している人

・親切なサポートを求めている人

 

上記のような人にはDMM光を利用するのは向いていないと思います。

 

カンタンに一つずつ説明していくと、オンラインゲームは速度はトップクラスの速さを要求します。

 

 

特に格闘ゲームではそれに該当しますが、通信が途切れてラグ落ちします。

 

 

ロールプレイングやスポーツゲームでもラグ落ちする可能性もあり、時々は起こるでしょう。

比較的速いDMM光ですが、すべての地域に対応しているかというと、おそらくそれはありません。

フレッツ光回線でもトップクラスに速いですが、限界値からすると不安です。

 

 

そして、株や仮想通貨などのトレーダーも同じくそれが言えます。

 

高度な速度はなくてもできますが、スキャルピングなどの激しいやり取りに関しては、不安です。

 

 

基本的にはOKですが、「ここぞ!」というタイミングでフリーズする可能性はあります。

なので、ちょっとダメ。あとはサポート体制になりますが、DMM光のサポート体制は評判が悪い方です。

 

電話が繋がりにくいこともありますが、工事のやり取りなども雑という口コミは多いです。

 

 

おそらくこれは、中々治りにくい問題だと思いますし、他の光回線でもサポートがザルなところが多いので一概には言えませんが、これを期待する人は止めておいた方が良いです。

まとめ

DMM光は基本スペックは高い方です。

ですが、万能ではありません。

ある程度基本的なことができる人で、とりあえず基本的なネット通信で失敗がないところを選びたいという人には安心できます。

に投稿 コメントを残す

DMM光はDMM動画が早く見れるからネット動画を楽しみたいなら得

 

DMM光を契約する際に同じ会社である「DMM動画を見るのにメリットがあるの?」という疑問を持たれている人は「しっかりと速く観れるようになるので得だよ」と言えます。

 

 

もちろん動画だけではなく、DMMの書籍を見るにも応答が早いので安心です。

これが何故なのか?ということについて答えた記事になります。

DMM光とDMM動画の関係

DMM光はDMM.comのサーバーを経由しており、これは動画や書籍も連動しているためレスポンスにも影響してきます。

 

この回線はDMM光独自の接続方法(ダイレクトコネクト)と呼ばれるもので、公式のページではダウンロード時間が約7割も短縮されると書かれています。

 

 

ですので、書籍というよりも動画ではメリットが非常に大きいと思います。

 

ネット動画をまだ契約していない人は知らないことですが、他にもネット動画は幾つか存在します。

 

 

例で挙げると

『U-NEXT(ユー・ネクスト)』

『hulu(フールー)』

『ゲオTV980(旧:ゲオチャンネル)』

『TSUTAYA TV』

『dTV』

『スカパー』

などです。

 

これらでもネット動画を見れます。

 

しかし、実はこれらって光回線の質が悪いと非常に見にくいです。

 

ネット動画のイメージはYOUTUBEが基準になると思います。あれを見る分には、特に何も感じずに視聴できていると思います。ですが、これはYOUTUBEだから可能なのです。胴元がgoogleだからストレスなく動画を見ることができますが、通常の動画サービスだと「途中で動画が止まる事がよくある」レベルです。

 

例えば、ダウンロード速度が20~30Mbpsだとyoutubeでも夜に1時間30分以上の容量の動画を見ると途中で止まることがあります。3回に1回くらいは止まります。この単位がわかりにくい人へ説明すると、これは戸建の光回線でもエリアによって普通に平均的なスピードです。

 

 

もちろん安定的に100~500Mbps出るところもあるので、こうゆう場所では比較的安定しますしyoutubeを見る位では止まることはないです。ですが、これがネット動画ですと頻繁に止まります。

 

実際平均的に80mbpsは欲しい所です。

 

でないと止まりやすいです。

 

でもこの数値って戸建でこんなに低いのですから、マンションだとかなり絶望的です。

 

 

必然的にマンションのほうがスピードは遅いのでせっかくネット動画を月額料金で500円~1500円で契約しても満足に見れないため「解約しちゃえ!」という流れになることは多いと思います。

 

マンションで安定的な回線速度を出すものに契約するにはそれこそ数が2,3社あるくらいですし、エリアによって差もあるためちょっと大変です。ましてや普通に戸建でも光回線の選び方を間違えると全然スピードが出ないです。私の家も戸建で光コラボですが、平均スピードが32mbpsです。

 

youtubeでも止まるので、とてもネット動画を見る気分になりません。なので、DMM光は動画を見たい人にとっては非常にありがたいサービスなのです。

まとめ

DMM光とDMM.comの動画は同じサーバーで速度も速いため例えマンション住みであってもストレスがほとんどなく視聴することが出来ます。

 

 

 

そして、DMM光を契約するなら基本料金の安さを考慮して動画も一緒に契約した方がメリットは高いと思います。

参考までに覚えておいてください^^

に投稿 コメントを残す

DMM光の基本的な特徴やスペックどんな人向けかがササッとわかる記事

DMM光ってどんな感じ?という疑問を持たれている人へ向けた記事です。

戸建:3720円~マンション:3780円が基本になります。

 

なので他の光回線と比較すると安い方の光回線になります。

 

 

ですので、これから新規で契約しようと思っている人や転用しようと思っている人は候補として考えられると思います。

 

 

また光コラボに含まれている光回線なので、フレッツ光になります。

光コラボ内での切替をするという人は非常に多いので、そういった人にも向けた記事になります。

DMM光の主な特徴は?

月額料金が安い。これが1番の特徴です。

DMM光は光コラボの一種ですが、その中でも月額料金が相当安い部類に入ります。

 

なので、これを冷静に考えると「特に不備がなければ光コラボにするならDMM光にしたほうが良い」ということになります。

 

回線は皆同じフレッツ光なので、当然そうなっていくと思います。

ですので、大事なのは他の部分になりますが、DMM光はサポートや速度やオプションやキャッシュバックはどうなんだろう?という疑問に繋がっていくと思います。

DMM光の料金以外の特徴はどんなもんじゃい!

まずはキャッシュバックから説明します。

正直ほかの光回線と比べると相当安いです。

公式で5000円のキャッシュバックが戻ってきます。

ですが、これは11ヶ月後になります。

なので、カンタンに説明すると「額が少なくて、返ってくる時期が遅い」ということです。

 

通常の光回線の場合はキャッシュバック額がもう少し高いです。

これは光回線の種類によって違ってきます。

 

 

とにかく解りにくいようにしている光回線の料金システムですが、一般的には20000円前後のキャッシュバック額になります。

 

 

もちろん代理店やプロバイダによって貰えないことも多いので、一概には言えませんが大体これくらいだと覚えておいてください。

ですので、キャッシュバック額は低いです。

 

 

それとDMM光は他に代理店が特に参入していません。

どちらかというと、マイナーな光回線ということで参入していないのかもしれません。

ちなみに工事費は無料になります。

でもこれは新規であればほとんど全ての光回線がこれに該当するので魅力的なものではないと思います。

 

 

次に注目すべきは「サポート体制」です。

 

いわゆるトラブルがあったときの対応力になりますが、これの評判もあまりよくないです。

 

電話しても中々繋がらないという事です。

ですが、これはそういった傾向の通信業界の方が実際は多いです。

10分待ちは当たり前です。

極々少数ですが、繋がりやすかったりフォローが素晴らしい光回線業者も存在します。

 

というよりも、ここもややこしいですが、プロバイダを経由する場合と代理店を経由する場合とトラブル箇所によって違うため一般的に説明しやすい「プロバイダと代理店」を例に説明したいと思います。

 

基本的にトラブル対応や切替の連絡をするときには、ほとんどの業者の対応は悪いことが多いです。

 

経験上そう思っていますし、友達に聞いても同じです。

ツイッターなどの書き込みにも多く書かれていると思いますが、この辺はDMM光が悪いというのは言えない部分だと思います。

 

 

なので、仕方ない所もありますが、そうであっても困るのはコッチだと思います。

なので、厳密に言うと”トラブルがあった時の対応が悪いという噂はあるけど、それは他の光回線でも同じことが多い。

 

だけど、こっちとしては困るから対応が良い光回線は少ないけど、そちらを選んだ方が良い”という結論になります。

なので、この部分はなんとも言えないところです。次に通信速度になります。これに関してはそこそこ速いという印象があります。

 

口コミや評判を調べていると、そのような意見は多いです。

 

私もDMM光の速度測定などの結果なども見ていますが、ヘタな光コラボを選ぶよりも安心です。

 

多分広い地域で問題はないんだと思います。

通信速度は同じフレッツ光回線を使用していても実際はどの会社でも速度は異なる傾向にあります。

ホントに全然違います。

聞いたことがないような光コラボと契約すると本当にエライ後悔するので、絶対にやめておくべきです。

 

 

これで2年縛りとかにされたら、たまったもんじゃありません。

ですので、そういった意味ではDMM光を選んでも良いです。

その他にはビッグローブ光、ドコモ光、so-net光を選ぶとしたらおすすめ。

 

ですが、DMM光でかなり充分です。

 

実際のところ、フレッツ光を選んでもスピードが遅いという会社のほうが多いです。

なので、この部分では安心です。

またV6プラスの通信方式になっているため今後の事も考えても大丈夫ですので、良いと思います。

他にもDMM光が得になるサービスは?

DMMモバイルを契約している場合は有利です。

月額料金500円安くなるので、お得です。

 

格安SIMは今の時代通信業界の料金が縛りをなくして安くなっていく方向ですが、まだ長い目で見るとどうなるかわかりません。

 

DMMモバイルは3GBで月額850円なので、非常に安いためこの割引のために契約するのも良いかもしれません。

もちろんLINE電話用と電話番号をもう一つストックしたい人などには有効だと思います。

 

イレギュラーなやり方ですが、このような割引もあるのでDMM光を契約する上でもし契約していれば覚えておいても損ないです。

契約する上での注意点は?

工事費はキャンペーンで無料になります。(18000円分)しかし、これはあくまで基本の工事費だけです。

 

なので、ここから細かい設定をすると余分に料金が加算されます。

例えば…土日や祝日に工事を頼む場合はプラス3000円。

 

光電話の工事費は4500円。光テレビの工事費は3000円。

このように別途料金は加算されるのでその点は注意してください。

まとめ

総合的に考えてDMM光の選択は「候補がなければ、選んでも失敗することはない」と思います。

 

特に光回線の契約がややこしくてよくわからない人は騙されることも多いです。

意外に1番気をつけた方が良いパターンは「電化製品などのスタッフの人が勧誘で教えてくれるアレ」です。

 

私も今までは知識がなくて、全然知らなかったのですが、基本的に自分たちの代理店の契約をしてきます。

 

 

そしてスタッフが分かれていて、それぞれ自分が契約したいと思っている会社に合わせて聞けるようなパターンもありますが、それでもそういった所での契約は本当に止めたほうが良いです。

 

率直に言うと『キャッシュバックが結果的に受け取れないから』です。

実際やってみるとわかりますが、適応条件がヘタに面倒すぎること。

 

 

あと時間が凄く経ってからじゃないと受け取れないこと。などが理由です。

それを考えるとDMM光で契約した方がキャッシュバックは少なくても総合的に見れば問題ないです。

 

 

通信性能も悪くないので、後悔はしないと思います。

に投稿 コメントを残す

意外に注意した方が良い転用について

DMM光を契約して転用を掛けて申し込む場合にちょっと想定外な出来事があるこるかもしれません。

それは「プロバイダ」です。

 

DMM光のプロバイダは「DMM」同じ会社ですね。

この時点では問題ありません。

 

 

しかし、転用についてちょっと気をつけた方が良いです。

今回はその「DMM光での転用で気をつけること」について書いていきたいと思います。

転用の注意点

DMM光のプロバイダはDMM。

 

 

DMM光は解約する上では2年使用すればその後は解約料は掛かりませんから、親切だと思います。

 

がしかし、その前段階で、フレッツ光からの転用ではDMM光含め他の光コラボ系も気をつけておいた方が良いことがあります。

 

それは「全プロバイダの解約条件」についてです。プロバイダって沢山あります。

「スターキャット」

「TNC」

「TikiTikiインターネット」

「Yahoo! BB」

「ぷらら」「DMM」

「楽天ブロードバンド」

「WAKWAK」

など数は相当多いです。

 

その中で気をつけた方が良いのが、「フレッツ光回線で使用していたプロバイダの解約条件」についてです。

 

フレッツ光はもちろん「光回線とプロバイダが別」。そして、「請求もそれぞれ別」です。

 

 

なので、一体型が主流の光回線の現代とは違ったややこしさがあり、契約上は別々で考えなければいけないため、例え同じフレッツ光回線の光コラボの回線へ移行することになってもプロバイダは別で契約や解約をしなければいけないので、これを間違えると解約料金が発生します。

 

この発生は「フレッツ光回線のプロバイダの解約料」になります。

 

 

DMM光は契約して2年以上経てばいつでも解約無料。これは「DMM光とDMMプロバイダ」がセット型になっているルールなので間違いありません。ですが、その前段階ではこのルールが適応されません。なので、これで失敗や後悔をする人も多いです。

 

 

ちなみに解約料金は平均的に「5000円~15000円」くらいなので、もし面倒であればこれを支払ってしまった方が良いです。

でもコレだけは気をつけて!

1番厄介なのが「2重払い」です。これは転用の解約に有りがちなのですが、フレッツ光回線だけ解約して、プロバイダは解約しないと、プロバイダの利用料だけは請求が来ます。

 

 

ですので、キッチリ両方とも解約をするようにしましょう。

 

自動的にそれをおこってくれるんじゃないの?と思うかもしれませんが、光回線の世界っていい加減です 😡 

 

結局逃げてく客には親切ではないし、別々の会社なのでトラブルは避けたいし、お客の取り合いになる縮図になるので、この辺はコチラ側が気をつけて契約や解約をしなければいけません。

 

 

フレッツ光回線の転用では契約前の会社と契約後の会社の両方にそれぞれ確認を取り、メモでやり取りを残しておいてください。

 

さらにフレッツ光回線も入ってくるので「フレッツ光回線」「前プロバイダ」「後プロバイダ」の3つに確認を取るように気を付けましょう。

に投稿 コメントを残す

DMM光のオプションってどんなものがある?

DMM光の回線を契約するときにオプション契約が気になる人も多いと思います。

そこで今回主要なオプション契約をざっと並べてみました。

契約前に念のためDMM光がおこなっているサービスを知りたい人は一度ご覧ください。

DMM光の主なオプションサービス

・DMM光電話(月額500円)

・DMM光テレビ(月額750円)

・端末保証サービス(月額500円)

・安心パッケージ(月額950円)

・パソコンセキュリティ(月額350円)

・遠隔サポート(月額500円)

・データバックアップ(月額350円)

・プロバイダハイブリットオプション(月額500円)

 

上記のようなオプションが主にあります。

これら全部を契約すると、月額で3800円も掛かってしまいます。

そのまんまDMM光の月額料金の2倍くらいになってしまうので、全て加入したらたまったもんじゃありませんね。

 

 

でも金持ちの人ならこれだけ契約をしておけば、ネット通信は相当安心です^^

ですが、このなかもちろん全部加入する必要もないですし、1つも加入しなくても問題はありません。

 

ただこの中で加入すべきおすすめオプションを念のためご紹介したいと思います。

おすすめのオプション3つ

・DMM光電話

・DMM光テレビ

・データバックアップ 

この3つになります。

特に光テレビはDMM光を契約するならしておいた方が良いです。

 

というよりも、DMM光のメリットはテレビになる部分が大きいと思いますので、これは重要。あと光電話はどの光回線でも契約はおススメです。

 

普通に電話契約をするよりもメリットは大きいです。

 

 

通信料も安いし、月額料金も安いのでこれはお得。

あとデータバックアップ。

これって「自分でやれば良いでしょう!」と思う人もいて賛否両論だと思います。

 

 

ですが、これって忘れる人の方が絶対多い!

特にパソコンのハード的な壊れ方やウイルス的な壊れ方にしても壊れたときの仕方にもよりますが、けっこうデータ復旧って難しいものです。

 

 

そのデータには仕事上どうしても必要なデータや子供の写真や色々な設定やデータを細めにしてきた中で予期せぬ事態でいきなりなると、意外にやっていない人も多いです。

 

定期的にやるって人間難しいもの。それを月額350円なら契約するべきだと思います。パソコンの使い方にもよりますがね。

まとめ

DMM光はオプションはこの3つがおススメです。

 

特にこの中から2つは同時契約した方が個人的には良いと思います。

そこそこ速くて料金的にも安いDMM光なので、案外アリな選択だと思います。